北海製罐株式会社

お問合わせ

クイックリンク


FACTORY

研究開発

缶やペットボトルは内容物を長期間安全に保存すること、さらには持ち運びに便利であることが求められています。北海製罐ではこういった「包む」という基本的な機能はもちろん、包まれているものの素材の研究も同時に行い、 いかにすれば「安心して」消費者の元へ内容物をお届けできるかを考え、新製品の開発・研究を行っています。

 
 

研究

容器の素材そのものはもちろんのこと、充填される内容物による容器の変性、経年変化、地域によって異なる水の組成、適正な殺菌方法などについて研究。どのような条件下であれば「包む」安全性が確保できるか、あらゆる状況を想定して容器および内容物の安全性を追求しています。

 
 

開発

研究で得られたさまざまなノウハウや、マーケティングで得られた情報を元に新製品を開発。新たな素材によって安全性はどのように確保されるのか、市場が求めるデザインは表現できるのか、「包む」ことに北海製罐の思想は反映できるのか、考えつつも常にベストな答えを提案しています。

 
 
研究開発
研究開発トップ
研究体制

Copyright(C) HOKKAI CAN Co .,Ltd